スープと絵日記と肌着と。

夢太 by NADELL 日常

ここ最近で心に残ったエッセイ。

「おいしいおはなし」 高峰秀子編
写真 2

どのおはなしも面白いけど、私は特にシャンソン歌手である石井好子の「悲しいときにもおいしいスープ」がすきです。
パリでも活躍されていた石井好子+スープときたら、きちんと鳥がらとか骨つき肉でスープをとっていらっしゃるのかと思いきや、
なんでも残り野菜と固形スープを使って毎日作るのだとか。

写真 1

私自身、体質的にスープをとった方がよいからだだと認識してるのですが、ゼロorナッシングな性格が禍いして、大きな鍋で1時間以上野菜を煮出して作れないならスープはいらない!となってしまうことが多く、さらに、息子も夫もあまりスープを好まないということもあり、今日もスープなしだった、今日も、今日も、、、と身も心も冷え冷えとしていくという悪循環ぶりですが、固形スープでよいんだ!とかなり救われました。

このエッセイをよんだらきっとスープをつくりたくなるはず!

次は、「私の絵日記」藤原マキ
写真 3

つげ義春の奥様、元女優であり絵本作家の藤原マキの育児絵日記。
最後の方に載ってた妻のことを描いたつげ義春の文章もよかったです。

日常生活というのは時として過酷です。この絵日記のように家族がいて育児中であったり、もしくは介護中であったり会社の社長さんであったり、常に誰かのことを案じていなければならない状況をやり過ごすというのはなかなか険しい道のりですよね。

夫がいてこどもがいて、絵に描いたような家族に見えたとしても、ふたをあければ、角田光代の「森に眠る魚」や金原ひとみの「マザーズ」みたいな世界かもしれませんし、、。そこまでいかずとも、「家族」という言葉でひとくくりには出来ないほどそれぞれの「家族」は異なる顔や形をしていてそれぞれの憂鬱、それぞれの喜びがあるものだと思うのです。

「私の絵日記」では藤原マキの子宮がん発覚を機に夫のつげ義春は神経症をわずらってしまい、そんな夫と精神的に不安定な妻、そして幼稚園に通う息子が織りなす喜怒哀楽が綴られてますが、状況はかなり深刻だったはずです。が、愛らしいイラストとコミカルな文章で素晴らしい作品に仕上がっています。

話は飛躍しますが、

これから、リリースをするこども肌着の夢太by NADELLですが、石井好子の日常のスープのように、藤原マキの日々を描いた愛らしい絵のように、人々のでこぼこな日常生活にそっと寄り添っていけるようなブランドになりたいなと思いました。それが、夢太by NADELLのめざす「上質」なのかなとこの2冊をよんでふと考えました。

そらをあおいで。

日常

写真

SKY FERRERA (スカイ・フェレイラ)さんです。となりは彼女が表紙の雑誌NEROです。

このジャケットをみて息子が、「ママ!この人おっぱいだしてる!」
すかさず夫、「ママのおっぱいとどっちが大きい?」「うーん、、おなじくらい!」

息子の目はふし穴です。笑

さてさて、SKY FERREIRAさん。フィオナアップルとかヴァネッサパラディとかデボラハリーとかに似てるとか言われてるけど、他にもだれかに似ているなぁと思いながら、いまのところ思いついたのは林由美香でした。なんか目が似てる。

AV監督の平野氏との北海道までの自転車旅行(不倫)ドキュメント、「由美香」。
いいんですよねぇ、Sly & the Family Stoneの”Runnin’Away”の日本語のカバーが入ってるのですがこれが耳に残るのです。

林由美香さんは、裸の女優さんで、お酒を飲み過ぎて30代の若さで死んでしまいました。
うーん、そういえばAmy Winehouseにも似てるかもしれないなぁ。

イギリスのブライトン在住のライター、ブレイディみかこ著作の「アナキズム・イン・ザ・UK」でエイミーワインハウスのような女性像を的確に描写している章があり(「愛は負ける」という章)私はその文章がすごく好きなのですが、ちょっと抜粋すると、「すぐ男とか愛とかに負けてしまう女の、温もり」とかね。

男なんかに屈せず自分の人生をゆうゆうと生き抜く女性と、男にすぐに屈してしまう女性。
どちらが強いかとかよいかとかは分かりませんが、

時代と身一つで交わり、身ごもり、そして美を生み出す女性たちは女神のようだなと思うのです。

女神というのは案外、おっぱいだしてるものかもしれません。

(SKY FERREIRAさんの人物像はあえて調べずに描きましたのであくまでもこれは私のイメージです。)

Happy Chinese New Year!

お知らせ 夢太 by NADELL 日常

断食で身体がすっきり〜などと浮かれていたら本当の断食の醍醐味は遅れてやってきました。

瞑眩とか好転反応と呼ばれる類いのものだと思うのですが、でました40度の熱!他にも昼夜エンドレスな咳、鼻水!

まぁ、幼稚園からもらってきたただの風邪かもしれないけど、でも、どちらにしても激しかったです、そして長かった・・。出るものは全て出たという感じです。これでやっと私も新年を迎えられそうです。

さてさて、来週は夢太 by NADELLのサンプルが届くので撮影などしたりなかなか忙しくなりそうです。

NADELLのサイト内のブログの方でも夢太byNADELLのお知らせがアップされてます。
ぜひ、みてみてください!→http://nadell.jp/blog/?cat=54

話はかわるけど、アイロニカルなやりとりも息子とできるようになってくると、ふとまたロンドン行きたいなと思うようになりました。

写真
時々ききたくなる一枚。

映像はこちら

生真面目になってしまいそうなときはこれをみていかいかんと戒めております。

断食3日目!

日常

もうすぐリリースのセーラームーンのトリビュートアルバムに夫の担当しているアーティストが参加しているとかセーラームーンの新作ができるらしいとか、そんな話を今朝してたらこれを思い出してきいてみた。

写真
アニメ 輪るピングドラムのサントラ。

セーラームーンの劇場版と監督が同じなんだったかな?隠れセーラームーンファン多いですよね。
ピングドラムも面白いです。星野りりぃの作画もすてきです。ちなみに上記のアルバムはアニメの中に登場するhhhというアイドルグループのアルバムという設定なのですが、石橋凌ボーカルのバンドARBのカバーもしていてとてもよいです!アニメはちょっとという方にもおすすめかも?

さてさて、断食3日目の報告。
朝起きて、なんと身体の軽いこと!朝から講義。夫と隣に座り、でもなんだか親子でこういうのに参加するのって園子温の「愛のむきだし」感あるよね、と苦笑しつつ、ロードワーク、温湿布とカリキュラムをこなし、最後にみかんジュースを処方され(これがまたしみわたる、、)サクッと解散。
とにかく最終日は私の場合は身体が楽!このまま食べなくても生きてゆけるのではないかと錯覚するほどに。食べることから解放されるのはとっても自由。とはいえ代謝はおちていて力は入らず、ふらふらではあるので、名古屋駅の人ごみ祭りのデパ地下で夢太にお弁当を買おうと夫に提案されたときにはあごが外れそうになったけど、(しかも大荷物でした)喧嘩にはならずにやり過ごし(私たちはこういうことで喧嘩します。)、無事に帰宅。おつかれの乾杯ができないのはかなりつまらないけどお風呂に入って就寝しました。

そして今日は断食後4日目なのですが、身体と心がとてもかろやか。視界がとっても広くなったような感じ。作業が効率よくできる、早起きが楽にできる、掃除をまめにしている、食べ物が美味しくてたまらないなどなど、断食マジック、いつまで続くのかはわからないけど身体によいというだけでなく、異次元を体験できる娯楽としても最適かもです。

生活から食事を省いたらどうなるか、それぞれの体験ができるはず。

「生存戦略ぅぅぅぅ!きっと何者にもなれないお前たちに告げる、“ピングドラム”を手に入れるのだ」ときこえてきそうですよ。笑

機会があればおすすめします!

生存戦略しましょうか?

断食2日目!

日常

昨夜も夫と真夜中から高校生ラップ選手権を見始めてしまい、またしてもてっぺん超え。
明日も6時起き弁当作り、幼稚園送りが待ち受けておるのにとブツブツいいながら寝たものの、すっきりと目がさめました。
やはり断食か!?となんでも断食のおかげということにして頭にお花をさかせております。

さてさて、断食二日目レポートの前に、これよかった!
写真

CARNATION TRIBUTE ALBUM 「なんできみはぼくよりぼくのことくわしいの?」

一曲目森高千里、といきなり豪華なイントロですが、ほとんどはインディーズで活躍するミュージシャンたち。
でも皆すっごくよくて本当に素敵でした。こういう音楽をもっと世に出しなさいよと毎度おなじみの夫イジりを少々。
アルバム一枚通してとっても満足できました。断食あけの一枚にぴったり!(くどい)

はい、そして断食2日目の朝です!あれれ?なんだか二日酔い?のような症状。
気持ち悪いし起きれないしぼーっとする。準備をするのに2倍の時間がかかる。これから街のゴミ拾い?(ゴミ拾いもカリキュラムに含まれてる)まじかー?ぜってームリムリと学校のゴミ拾いをさせられる中2男子の気持ちになるも、支給されたゴミ袋の中にゴミを一個一個いれていくうちに気分は回復にむかう。断食したからといってじっとしているより動いた方が身体は楽になるのだということに気がつく。

会場に戻り野菜を煮出したスープとお湯にとかした米飴を飲むとまた少し回復。とにかく小さな滋養がまんべんなくしみわたる。この日は服部夫妻が夢太とよく遊んでくれ本当に助かった。断食中でなくとも子どもが他で楽しく遊んでくれるのは母親にとって癒されることなので断食中ならなおさらです。そしてお昼時、そろそろかと意を決して夢太をレストランに連れて行き、夢太は天ぷら定食を選ぶ。天ぷら定食!!!匂い防止のマスクをすかさず着用。小ぶりで品のよい天ぷら定食が出て来て、マイタイプだ、とおもわず夫。天ぷらもそうだけど私は前の席に座っているおじさんたちが飲んでる瓶ビールがやけにきになる。小グラスにつがれた黄金にかがやくおビール。天ぷら騒動しかり(2013/10/7の主夫ブログ参照)我が家は天ぷらからは逃れられない宿命か。

きっとこの瞬間はつらいものになるだろうと身構えていたのもつかの間、いや?そうでもない?天ぷら定食様を目でみて、マスクをとって鼻で匂いをかいで、結構これだけでわりと満足かも?去年くれのTV番組でLiLiCoの特集をしていて、LiLiCoがお金が全くないときに移動合間のサービスエリアで食べ物の匂いだけで飢えをしのいだと言ってましたが、案外それも一理あるのかも。

そしてまたロードワーク、私たちは夢太を公園で遊ばせたりフリスビーなどをしながら過ごし、その後マッサージや湿布。
この日は夢太は夫にあずけて大浴場を一人で堪能。めまいはしない。21:30ころ3人で就寝。

2日目、寝る前に思ったこと。
食べ物、というか、名のある料理、例えば天ぷら定食とか焼き肉とかお寿司とか、というのは栄養や身体に良い悪いとは別の次元に存在し、それらはイメージであり、映画や音楽と同類の文化なのではないかということ。だから、たとえば、担々麺たべた〜いというのは、ニルバーナ聴きたい〜とか、◯◯の映画みたーいというのと全く同類のことなのではないかということ。音楽を聴けば耳と脳を使い、映画を見れば目とか耳とか脳とかを使い、天ぷら定食をたべれば、目とか鼻とか脳とか、胃とか腸とか腎臓とか内臓全般を使うことになる。で、それを一日3回とか2回とか、習慣化してしまうには、ヒトの身体にとって負担になりえるのかなと、どの口が言うのかと我ながら苦笑いしながら布団をかぶりました。

まぁでも、とにかく、ここへきてから音楽も映画も本もお料理も、どの文化ともご無沙汰です。
文化に対する憧れを胸に、明日は最終日!どんな朝がやってくるのか、3日目は次回に!

断食1日目!

日常

断食1日目!

朝から食を断ち、夢太と7時17分ののぞみに乗り込む。車内にて夢太が品川駅で買ったおにぎりセット(唐揚げと卵焼きいり)にぱくついているのを尻目に、一抹の不安がよぎる。まぁ、断食はよいとして断食中の身体でこの子の世話をできるのだろうかと。とくに3度のご飯など、、。(もちろん子どもは断食できません)

10時に断食会場に到着、断食に関するセミナーなどをききつつもとにかく眠い。5時起きしたから?と思うが断食すると眠くなることがあるらしい。夢太のお昼ご飯は時間もなかったので会場でうってたポンセンやおせんべえなどでごまかす。(ごめん!)14時からロードワーク。5キロ歩くことになってるみたいなのだけど、私は夢太とコースのいたるところにある公園にて遊ぶ。あと2日も食断ちかぁと遠い目をしながら不安も抱えつつ、なんていうんでしょうよく子ども向けの公園などにある白くてすべる山を夢太と登ったり滑ったりしながら過ごす。

15時からマッサージやヨガやらストレッチをしたあとに、腰にショウガ湿布をしてもらうと夢太のことはそっちのけで一瞬落ちる。ものの数十分だったけどかなり眠気などから回復。その後夢太と入浴。ここには温泉がついていてこれがまたよかった!けど、お風呂のあと一瞬たちくらみ。やはり身体は反応している。

18時半ころ部屋にもどり、夢太はまだ遊びたいとごねるも、5時起きの上に昼寝もしてないので、会場でうってた玄米あずきおにぎりを食べてもらい19時には寝せる。一緒に一瞬落ちるも(とにかくいつでも寝れそうに眠い)、19時半ころに一緒に参加していた服部夫妻から電話をいただき、さっき夢太にあげたミニ四駆(模型とかプラモデルの会社のTAMIYAの地元のサービスエリアで大量に売ってたらしく夢太が飽きないようにとお土産に買って来ていただいたのです)を明日朝までに組み立ててあげたいのだけど持って来てもらえる?と言っていただいたので部屋もとなりだし、コンコンと眠る夢太を部屋に残し、服部夫妻のお部屋におじゃますることに。

黙々とミニ四駆作りに励む福太郎さん。その横で服部さんとこんなときにしか見られないテレビをつけ、出てくる食べ物をみながら(日本のテレビって絶対どこかのチャンネルで必ず食べ物の番組がやってますよね!)あれ食べたいとかこれ食べたいとか、ちょっと断食ハイなのでしょうか、なんだか飲みの席のような勢いでしゃべりまくり、そうこうするうちに、我が夫も到着。(夫も参加したんです。)

夫はその日のお昼はタイラーメンを食べ、夜から食を断つ。21時半ころ着くとそのまま温泉に直行。そして22時半ころ就寝。夫がお酒抜きで22時半就寝!!!!これはすごいことですよっ!しかし夫をみてると食欲がわいてくる。むー、あと2日かぁ。夫が横にいるのにお酒が飲めないなんてつまらないっ。(我らはのんべえふうふ)

断食初日を終え、寝る前に思ったこと。生活から食事の時間をとるとかなり自由にはなるなぁということ。時間がとぎれずにずーっと続いている感じ。これはこれで新鮮。何食べるかということに人は結構、時間と気力を費やしてはいるのだなぁと素朴に思った。いいとかわるいとかではなくてね。

断食2日目はまた次回にご報告します!

こんなとこで断食しました。
写真

スーサイド、夢、そして断食。

日常

ブルーススプリングスティーンがスーサイドの”Dream Baby Dream”を新譜でカバーしていて、スプリングスティーンがスーサイドをカバーする時代だぁと夫が朝から興奮しておりました。

“DREAM BABY DREAM”
夢太の出囃子にしようかな。(なんの?笑)

ちなみにスーサイドのオリジナルはこちら。私はスーサイドのこの手の曲が好き。
深く長く暗い枯れた井戸の奥底からしぼりだすようにラブソングを歌えたらこの上ないなぁと思います。

そしてこちらはスプリングスティーンのPV。カバーなのにPV作ったんですねー!

さてさて、明日から3日間、断食道場にいってまいります!
息子も連れて行くのですが、子どもは断食しないので食事をさせるのがかなり心配、、。
未知の世界なりー。

mmaライブ

お知らせ 日常

みなさん、こんにちは!
お正月ぼけから抜け出せましたでしょうか?

私は今年は南国にはいかなかったのと、息子の幼稚園がそうそうに始まったのと、父が入院してるのとなどで今年は軽症ですみそうです。

で、もう一つ、昨日、月見ル君想フにて行われた服部みれい氏のメルマガ限定イベントに、mmaとして参加させていただきました!
なので、年明け早々にスタジオに続けて入ったというのも通常営業にもどるよいきっかけだったかもしれません。

今回のmmaライブのテーマは、いかに緊張しないかということ。(ダサっ)
でもね、ミュージシャンでも俳優でもダンサーでもモデルでも披露宴の挨拶でも舞台にたったことのある方々なら経験あるのではないでしょうか。
舞台の上って独特の世界が広がっているとおもいませんか?

舞台にあがった途端にガリバーが小人の国にきてしまった、みたいな、なんだか窮屈にかんじたりとか、もしくはその逆とか。ギブスが装着されてしまう感じといいますか、、。

とにかく、異空間なのですよね。そこでいかにしてこちら側も楽しめるか!?ということにかなり真剣に焦点をあて、どうして人は緊張するのかということを服部さんとスタジオの半分くらいの時間をかけて論議したりしました。(おばか)

服部みれいトークショーのときにセックスレスに悩むお客さんからの質問など色恋ネタがあり、それが尾を引いてエロトークも少々いたしました。(恥)

今年はトークとライブみたいなこともちょこちょこできたらと思ってます。
mma控え室にて談笑中。撮影は服部さんの夫ぎみです。
写真 2

写真 4

服部みれい最新刊!
「あたらしい結婚日記」(大和書房)
写真

賀正!

日常

あけましておめでとうございます!
どんなお正月をおすごしでしたか?

私は息子を連れて年末に帰省、そして元旦にはカウントダウンの仕事を終えた夫も合流。
そして恒例、酒盛り+父ねぎらいDVD鑑賞!

写真 1

正月にみる昔テレビで放送した時のまんまの日本語吹き替え版「大脱走」はもりあがりますねー。
チーム萌えです。どこからか脱走したくなると夫。

皆が寝静まったあとに夫と二人、飲みなおしつつ見た「クレイマークレイマー」もやっぱりよかった。夫婦喧嘩は常に新鮮であるべきだなぁとしみじみ感じました。何年も塩漬けにしてしまうと、利子がつきまくってしまいますよね。いやはや喧嘩上等です。

そして、年始の我が家の一冊はこれ。
写真 3

去年の10月に父の身体に腫瘍があることが発覚しただいま抗がん剤治療中なので、話題はもっぱら癌のことについて。
で、この「往生際」というタイトルの本は夫の元上司でもある丸山茂雄さんが書いた本。

丸山茂雄さんは、丸山ワクチンの開発者である丸山千里氏のご子息であり、ご自身も末期癌にて余命4ヶ月と宣告されるも丸山ワクチンの接種をしつつ、今でも仕事をしながら生きていらっしゃるという方で、本の中でもその体験がおもしろおかしく描かれており、癌に関する一つの考え方として当事者であり読書が苦手な父にも取っ付き易いのでは?と夫がお土産に買ってきてくれた一冊。

丸山茂雄という人自身の生き方そのものにまつわるエッセイでもあるので、癌とは縁遠い方にもおすすめだし、丸山ワクチンと医学会に関するあんなことやこんなことも知ることができます。

憶測通り父にとってこの本は結構ヒットだったようで、読後丸山ワクチンを結構前向きに考え始めたようです。
西洋医学への不信感はあるものの、代替医療とまではいかない父にとって丸山ワクチンの存在はど真ん中だったのかもしれません。

癌とは不思議な病気です。はたしてそれは病気なのだろうかと思うことがあります。
父の場合は尿管の中に腫瘍ができたわけですが、肺とか胃とか王道の場所にできるのではなくてそんなマイナーな部位にできるのが自分らしいワと笑ってました。

近藤誠先生も丸山茂雄さんも、癌とは闘うのではなくつきあっていくのがよろしいとおしゃってます。放射線治療医の三橋紀夫氏も「がんをどう考えるか」の中で外科手術によって確かに癌はなくなったけどその代償に胃も肺もなくなってしまって本当に良かったんだろうか?という患者のエピソードをかいています。

癌とは案外自分自身なのではないのだろうかと思う今日このごろです。

そしてクリスマス難民の一日

日常

クリスマスイブですが、息子が2日前ほどに腹痛+嘔吐、食がすすまないようなので、せめて手作りで気持ちだけはこめようと、チキンを焼いてみました。

ホールチキンに素手で塩をもみこむさいに、新生児のオイルマッサージの感触を思い出してしまい、生き物を食するとはそういうことかと一瞬ドープな世界に踏み入ってしまいそうになりつつもそこはクリスマスというベールに包んで、なんとか美味しくやきあがりました。笑

おとといの日曜日にちびまる子ちゃんでプッシュドノエルがでてきたのをみて目が輝いてた息子に、プッシュドノエルも作り、付け合わせにモッツァレラとひよこ豆とアスパラ。食がすすまなくとも、チキンとプッシュドノエルがあれば心は満たされるだろうとの憶測どおり、大変よろこんでくれ、任務は無事達成されたかと。

で、BGM。

夫が、12/13の主夫ブログに登場する、藤原ヒロシさんのアルバム「manners」のプロデューサーの冨田さんと3年前から毎年この時期にクリスマスミックスを作ってるのですが、それを新しい順にききつつ、もの思いにふけっていると、去年のミックスにローリンヒルのブートレッグのレゲエバージョンのEx Factorが入ってて、それを聴いて、息子が「ケアホミ、ケアホミ、ケアホミ、なんとかケアホミ〜♪」と歌いだし、(care for me, care for me♪ですね)ヒットするわけだなぁとしみじみ思いました。この元曲は以下です。

それと、去年のミックスにはボブマーリーのIS IT LOVE?のDanny Krivit editバーションが入っていて、もちろん、editされた部分もよいのですが、単純に、ボブマーリーが「僕は君を愛したいんだ、恋人として接したい、同じ部屋に住もう、そこは僕たちのシェルターなんだ、これって恋?これが恋なのかな?」と歌うのをきき、モテるわけだなぁ、港港に子どもがいるのも仕方ないなぁと食器を洗いながらも感心しました。それをいうか?という人の方がモテたりするのかもしれません。リーペリーがあいつは可愛いやつだと何かのドキュメンタリー映画でつぶやいていたのを思い出します。

ディナーを無事に終えた私たちはいつものようにお風呂に入り、絵本を3冊よみ、息子就寝。
きっと、今年で4歳になる息子はサンタクロースを信じることでしょう。

人は2〜3歳までは生きることで精一杯の現実主義のオトナで、そこからだんだんこどもになっていくのです、きっと。ファンタジーを味わうというのはなかなか成熟していることかもしれません。(前回のブログ参照)

最後に、私が皆さんとシェアしたい今年のクリスマスの一曲がこれ!
Kui Leeの”I’ll Remember You”
癌で余命6ヶ月と宣告された後にレコーディングした曲。プレスリーも歌ってるのでプレスリーの曲と思ってる人も少なくないけど、Kui Leeの曲です。私はあなたを忘れないよ、とせつなく、でも確実に歌っている。