イッツ・ア・麺ズ麺ズ・ワールド(立ち食いそば&町の中華屋さんの場合)

仕事で移動中、時間がなくて久しぶりに新宿で立ち食いそばランチ。西口だったら小田急線育ちの僕は迷わず「箱根そば」、通称箱そばへ直行なんだけどたまたま東南口の改札にいて、西口まで行くのも億劫だったので近場の「かのや新宿東南口店」へ。ここ看板には大きく讃岐うどんの文字が掲げてありますが実は僕、ここでうどんを食したことは一回もありません(笑)。五反田の立ち食い讃岐うどんの名店「おにやんま」とか以前もこのブログで紹介した富ヶ谷の讃岐うどんの名店「やしま」には時々顔を出すものの、個人的には立ち食いそばとか駅そばと言えば断然うどんよりそば派なのです!ただ噂によると「かのや新宿東南口店」のうどん、関西風の出汁で割と美味しいとのことです。さらに個人的には立ち食いそばと言えばデフォルトで必ずかき揚げそばをオーダーしてしまうのです(笑)。むしろ立ち食いでそれ以外のメニューってオーダーしたことないかも(笑)?いやいやそんなことないわ、富士そばだったらラー油がかかった辛味ネギ満載のネギそばとミニカレー頼んだことありました(笑)。そのくらいかき揚げそば偏愛してます!最初はかき揚げのサクサクした歯ごたえを楽しみつつ最後にドロドロに溶けたかき揚げを汁と一緒に頂くのが至上の喜びなのです(笑)ここのところ、立ち食いそばと言えばB級グルメの名店として名高い渋谷駅のガード下の麺KAWAKEI(ここはいつも注文してからかき揚げを揚げてくれる!)の味濃いめの関東風出汁で供されるかき揚げそばがお気に入りなのですが、ここ「かのや」のそれは立ち食いにしては珍しく化学調味料などの添加物は一切使用していないことを謳っているだけのこともあり、意外にさっぱりしてて無難に美味しかったです!しかも立ち食いそばにしては一人の女性客も多く気持ち小綺麗な印象のお店でした。次回こそはうどん食べてみようと思います(笑)!そういえばここまで書いていて思い出したけど新宿の西口、小田急の地下、麻布十番にもある老舗そば屋「永坂更科布屋太兵衛」に併設しているちょっと高級な立ち食いそば屋も最近、よく利用しています!横の着席の店舗よりは勿論安くなってはいるものの元々の料金設定が高いので少々お値段高めとなっております。しかし、ここの春菊天のかき揚げ、厚さ4センチはあるんじゃないかという強力な代物でかき揚げフリークの僕が愛して止まない逸品です!って全然「かのや新宿東南口店」の話じゃなくなってますが(笑)。

写真 5

写真 4

久々の休日、家族で上野動物園へ向かう途中、丁度その頃出てた雑誌「散歩の達人」の特集に載ってた根津の町の中華屋さんの名店「オトメ」を初訪問しました。我が家の最寄り駅は代々木公園なので上野動物園に行くときは千代田線の根津駅を利用しています。ゆえに何度も根津駅で降りているにも関わらずいつも上野動物園側の出口しか利用したことなかったので初めて根津の交差点側の出口から出てみると根津の街って何やらいい感じのお店とか雰囲気のある通りがあるんですねー。ちなみに中華屋さんにして「オトメ」というおよそ似つかわしくない個性的な店名は昭和40年代に元々パン屋さんとして創業しその時の屋号をそのまま使っていることに由来しているそうです。何せ「散歩の達人」の特集のテーマは「東京遺産」!その特集の中の昔懐かしい東京ラーメンを供してくれるお店として紹介されていた「オトメ」のラーメンの写真があまりにも美味そうだったのです!『生まれた時からアルデンテ』では決してないスプーンとフォークでふにゃふにゃのスパゲッティ・ナポリタン(パスタではなく敢えてスパゲッティと表記させて頂きます!)を食していた世代の僕は、どうしても今時のラーメンよりも古式ゆかしき素朴な中華そば風ラーメンに過剰に反応しちゃいます(笑)!店内は中華屋さんというよりはちょっとレトロな喫茶店のような風情。感じの良いお父さんとお母さんが厨房を仕切っている感じ。フロアーの若い男の子は息子さんなのかしら?気持ちの良い接客に安心しまずは瓶ビールと夢太には特製の葡萄ジュースで乾杯!ビールで喉を潤しつつ妻はタンメン、僕は海老と野菜のあんかけ焼きそばの柔らか麺、そして夢太の大好きな餃子をオーダー!夏の昼下がり、昭和な雰囲気の中華屋さんで頂くメニュー、どれもしっかりとした味付けが施されておりビールのあてにもピッタリでした!ラーメン目当てでしたが発見だったのはここの焼き餃子!薄い透けて見えそうな皮にショウガのフレイヴァーを微かに感じるあっさりした上品な味わいの逸品でした!3人でシェアする前提で焼きそばにしたのに妻はあんまりタンメン、シェアしてくれず(泣)。次回は自分用にラーメン単品でオーダーすることを誓いました(笑)それと地元の常連とおぼしきおじさんが迷わずオーダーしていたトマトそばがかなり気になったことも付記しておきます!

写真 3

写真 1-3

写真 2-3